立命館守山高校 Sci-tech部 レールガン一段式 392m/s

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レールガン一段式 392m/s

また動画アップしました。
今度はちょっと凝ってます。


ということで、レールガン本実験の2回目です。
弾の精度をちょっとだけ上げた影響か分かりませんが、初速が392m/sになりました。
もうすぐ400m/sです。目指せマッハ2(680m/s)!
次か、次の次の実験からはいよいよ二段式レールガンにします。


今回は何と言っても、ハイスピードカメラEX-F1を初めて使用して撮影しました!
このカメラ、10万円程度で手に入るハイスピードカメラで、学校が2台購入したので早速使ってみました。
1200FPSまで撮れるのですが、高速にすると画質がどんどん荒くなるので、600FPSで撮りました。
以下キャプチャ。間隔は1/600秒

CIMG0014.jpg
測定装置です。20cm間隔で2本の細い導線を引いて、これの切れるタイミングの差で速度を測ります。
CIMG0016[(017117)22-54-29]
バルス!!
CIMG0016[(017119)22-54-41]
へあぁぁぁぁ目があぁぁ目がぁぁぁぁぁ
CIMG0016[(017120)22-54-42]
かなり白飛びしてますが、この火花感が良いですね。
CIMG0016[(017121)22-54-43]
個人的にはこのコマが一番好きです。やたら格好いい。
CIMG0016[(017122)22-54-44]
残り
CIMG0016[(017123)22-54-45]
終わり。

もうちょっとホワイトバランスを暖かい方にした方が良く撮れそう。
後、600FPSでも捉えきれないので、明日は1200FPSにしてみます。


プロジェクタイルのエネルギーは38.416J
コンデンサのエネルギーが8000Jなので、0.48%です。
前回よりも0.06%効率が上がりましたがドングリの背比べ


今回の被害者
DSC_1050.jpg
木板とタオル3枚を貫通しました。
明日はアルミ缶にでも。


また、今回はオシロスコープで電圧の変化と放電時間を測ってみました。
CIMG0177[(002928)22-52-26]
一台のEX-F1はオシロスコープの監視に使ってます。
Max上下で400V、左右の一目盛は(見えませんが)500usなので、放電時間はだいたい2msぐらいです。
ですが、下が放電しきらずに70Vぐらい残ってます。
インダクタの巻をもうちょっと減らしても良いかもしれない。
明日はレールガン側に繋げてみます。


今回使用した器具一覧
DSC_1057.jpg
ハンディカムHDR-SR1 15万円
オシロスコープ SS-7804 13万円
EX-F1 8万8000円 2台
合計45万6000円
値段は買った時期から推定した物ですが、いやーカメラはまぁ危なくないから良いにしても、13万のオシロスコープにレールガンの電源繋げるとかなかなかクレイジーです。自分で言うのも何ですが
でも誰も使わない機材なら自分が使うしかないじゃないですか。



さて、それにしても効率が低いです。
566m/s出てやっと効率1%です。ちょっと悲しくなります。
後、かなり面倒な構造上の欠陥を抱えているので、それも改良の余地に入れつつ、今回はこの辺でさようなら。
また明日。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

立命館守山高校 Sci-tech部

Author:立命館守山高校 Sci-tech部
立命館守山高校、Sci-tech(サイテック)部のブログです。
研究の途中結果や、日記、連絡事項などを載せていきます。

主な成績
ロボカップジュニアレスキューセカンダリ2010
世界大会5位

やってること
バイオディーゼル燃料を使ったバイオカートの制作
AR(拡張現実)の研究
クルーレスソーラーボート大会への出場
ロボカップジュニアへの出場
レールガン制作
など

リンク
過去ログ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンタ
合計閲覧者数

現在の閲覧者数
カテゴリ
検索フォーム
アクセス解析
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。