立命館守山高校 Sci-tech部 電流×磁界の強さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電流×磁界の強さ

よく考えてみたら、フレミング左手の法則は
F=IBlsinθ
Fが力
Iが電流
Bが磁界
lが力を受ける導線の長さ
sinθは角度で90度なので1

ということは、簡単に言えば電流×磁界でレールガンの射出速度は変わると。

電圧変えても意味ないね!

さて、これを考えると、コンデンサの量は増やせないので入力が可能な電流の量は同じと言うことになりますね。
困りました。

クーロン=ファラドボルト

1クーロンは1Aを1秒流す電気量
400V10000uF(0.1F)なら
0.05秒間に800A流せます。
実際は、インダクタがあるのでこんなには流れません。

ていうか
インダクタ巻きすぎじゃ…
現状で20回ぐらい巻いてありますが、さすがに巻過ぎかも。
減らしたら案外威力が増えるかも知れません。


ということで、威力を増やす案
・電流を増やす。つまりコンデンサを増やす
・外部から磁力を加える。
・レールの加工精度を上げる
・インダクタの巻数を調整
・スチールウールの量を調整

こんな感じですかね。
大変です。


さて、明日(というか今日)はバイオカートの排気管の溶接をします。
学校の警備員さんが溶接できるらしいので。
自分もじいちゃん(溶接工)に溶接習ったので出来るのですが、なんか勝手にやっちゃダメだそうで。
400V0.1Fのエネルギーを扱うよりも溶接の方が危険だとは思えませんが…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

立命館守山高校 Sci-tech部

Author:立命館守山高校 Sci-tech部
立命館守山高校、Sci-tech(サイテック)部のブログです。
研究の途中結果や、日記、連絡事項などを載せていきます。

主な成績
ロボカップジュニアレスキューセカンダリ2010
世界大会5位

やってること
バイオディーゼル燃料を使ったバイオカートの制作
AR(拡張現実)の研究
クルーレスソーラーボート大会への出場
ロボカップジュニアへの出場
レールガン制作
など

リンク
過去ログ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンタ
合計閲覧者数

現在の閲覧者数
カテゴリ
検索フォーム
アクセス解析
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。