立命館守山高校 Sci-tech部 バイオカート復活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオカート復活

I'm back.

わずか1日で復活しました。
懇意にしてもらっているレーシング屋さんがわざわざタイヤを持ってきて下さって、一日で復旧しました。

実際にレーシングカートで使うタイヤはレースをやるとある程度で取り替えるものなので、そういったレースには使えないけど走るだけなら充分使えるような中古のタイヤをいただけるのは非常に嬉しいですね。
ちなみに、何キロで走行したのかは知りませんが、多分かなり高速で使用したであろうタイヤの表面はどろどろに溶けていました。そんなんで走りたいなぁ。
学校のトラックで走りたい。とても。

そういえば、そのレーシング屋さんが、またカートを寄贈して下さる準備があるらしく、その場合何らかの新しい動力を使ったカートを作れそうです。
燃料電池とか、ソーラーの類ですかね。
燃料電池は、お金さえあれば高出力の物が買えます。
12V100Wの出力のスタックで、67万円。
出してもらえるのなら非常に嬉しいですね。
でも、これを積んで燃料電池カーを作りました。
で?
ってなるぐらいに研究のしようがない気がします。

ソーラーカート作るならエネルギーを消費しないための車体が必要だから、そもそもカートは使えない。
ちなみにソーラーパネルは数百万円で買えればかなり安く付く感じです。

カートなんて作ってしまうと、それ以上改良のしようがないですが、例えば倒立振子の応用でSegwayみたいなものを作るとかならいくらでも制御面の研究が出来ると思います。
ただ、それにしたって自作Segway作ってる人はいっぱい居るし、ネットに作り方も載ってます。
というか、ぶっちゃけ電動キックボードでも充分なわけですよ。
制御方法が違うだけで、人を乗せて進む装置ですし。
電動キックボードになくてSegwayにある利点は、速度操作の直感性ぐらいではないでしょうか。

なんにしろ、動力はエンジンかモーターぐらいしか無いので、モーターを使うなら発電方法を研究することになります。

なんだ、難しいな…

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジェットエンジン自作しましょう

No title

理工学部の後藤田って燃料学の先生がいてジェットエンジン大好き人間らしい。
ジェットエンジンカーとか素敵すぎるなぁ実用性ゼロだけど

パルスジェットぐらいなら作れそうなきもする

No title

車のターボチャージャー使えば燃焼室の工作だけで遠心式ジェットエンジン作れるよw
http://masa-ya.jp/index.php?%BC%AB%BA%EE%A5%B8%A5%A7%A5%C3%A5%C8%A5%A8%A5%F3%A5%B8%A5%F3
プロフィール

立命館守山高校 Sci-tech部

Author:立命館守山高校 Sci-tech部
立命館守山高校、Sci-tech(サイテック)部のブログです。
研究の途中結果や、日記、連絡事項などを載せていきます。

主な成績
ロボカップジュニアレスキューセカンダリ2010
世界大会5位

やってること
バイオディーゼル燃料を使ったバイオカートの制作
AR(拡張現実)の研究
クルーレスソーラーボート大会への出場
ロボカップジュニアへの出場
レールガン制作
など

リンク
過去ログ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンタ
合計閲覧者数

現在の閲覧者数
カテゴリ
検索フォーム
アクセス解析
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。