立命館守山高校 Sci-tech部 2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京滋奈ブロック終了!

結果、私kuroのチーム、TeamQBは3位
そして、1年のチーム、レイラがなんと2位でした。

やはり、足回りに時間がかかりすぎてプログラムの練度が低かったのが問題ですね。
Arduinoで6CHモータードライバは使えたとしても他のI2Cやシリアルなど全体的に不安定になるので、止めた方が良いかもしれません。
DSC_0338.jpg
既にご昇天されたこのモータードライバですが、フォトカプラの反応時間が悪すぎる、というかTA8429HQは電源部完全絶縁してあるから必要無いとZEROさんに教えて頂きました。
後は、外付けで保護回路も付いてますが、これも内蔵されてるので十分動くので必要ありません。
ということはかなり簡単に作れそうです。
後輩がArduino使いたいらしいので、もう一台作ることになりそうです。
ていうか後輩が作れと思わなくもないですが…
実態配線図だけ書いて、これ通りに作れ。みたいな感じで
むしろ、せっかくモデリングマシンがあるので生基板とエンドミル買ってきて作ってみても良いですね。
って、後4日ほどで自分大学生ですが…

調子に乗って9個もセンサー積んだけどあんまり活用し切れてなかったかも。
センサー幅は、あんまり広いと横の線を読んだりするし、逆に狭いと復帰が難しくなる。
自分は基本的に、ミスが起こりにくいプログラムを書いていますが、むしろ、ミスなどが起こった際に正常に復帰できる、若しくは、センサーに反応があった際にもっと確かめるようなプロセスを入れた方が良いのではないかなと、3PKさんのロボットを見てて思いました。
まぁ、もう出ないですけどね。
ただ、後輩のサポートには回るつもりです。

ところで、今早速実態配線図加工と思ってPasSをDownloadしたのですが
Unexpected error; quitting
とかエラーが出て起動しません。

後、やっぱりコースは3日に1回は変えて問題点を色々見つけた方がいいです。
うちのコースでもかなり難しいコース作ってたと思いましたが、やはり、自分に甘くなりがちですね。

大学には、シミュレーションレスキューに出場してるサークルとロボットのサークルがあるので、そのどっちかに参加して、もし上手くいけば実機リーグ行くかも知れません。

そういえば、京滋奈ブロックのメーリングリストに参加したので、多分来年は京滋奈の審判やりに行きますのでよろしく。


ということで、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
プロフィール

立命館守山高校 Sci-tech部

Author:立命館守山高校 Sci-tech部
立命館守山高校、Sci-tech(サイテック)部のブログです。
研究の途中結果や、日記、連絡事項などを載せていきます。

主な成績
ロボカップジュニアレスキューセカンダリ2010
世界大会5位

やってること
バイオディーゼル燃料を使ったバイオカートの制作
AR(拡張現実)の研究
クルーレスソーラーボート大会への出場
ロボカップジュニアへの出場
レールガン制作
など

リンク
過去ログ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンタ
合計閲覧者数

現在の閲覧者数
カテゴリ
検索フォーム
アクセス解析
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。